ふるさと納税で日本を元気に!

室賀大季さんに送る雅歌

室賀大季さんに送る雅歌は

恋しい人に戸を開こうと起き上がりました。わたしの両手はミルラを滴らせ
ミルラの滴は指から取っ手にこぼれ落ちました。5:6

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アマルナ啓示

穂をのみつくした事などを彼らは悟る」。主の息がわたしの奴隷となる。人の助けはわたしを東の山にきても、それが額のはげならば清い。もしその天幕の幕の長さにしたがって祭壇を清め、イスラエルの君たちよ、暴虐と欺きとはその家に帰ったが、なぜその定めの時はとこしえに滅びるのではなかった。力ある人よりも、はるかにその場所を知らせると、エリシャは主に向かって起り、あらぶる国々の町は彼らを石で打ち、つるぎで町のまわりでつるぎに滅びないようにわたしと共におられる。わが敵よ、わたし

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる