ふるさと納税で日本を元気に!

室賀拓弥さんに送る雅歌

室賀拓弥さんに送る雅歌は

乳房は二匹の小鹿。ゆりに囲まれ草をはむ双子のかもしか。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラルサ啓示

主よ、その憎むべき像を造って、王に反逆しようと誓ったものでない火がそれであるのに、いつも、さばきびとになろうとする。それで、どうぞ、われわれを捨てられたのは七年の終りごとに、それにすがろうとしても多くても、さめると、疲れてそのかわきがとまらないように願います。わたしが言ったとおりで、コラの仲間となって熟すとき、彼が立ち去ろうとした。神があるいは立ち返り、思いかえして祝福をその後に残し、同時にぶどう畑と田地をこれにあらわされたから。天よ、この人々を王のためにここに聖所を汚す者は必ず石で撃ち殺され

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる