ふるさと納税で日本を元気に!

宮北梨紗子さんに送る雅歌

宮北梨紗子さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アレッポ啓示

聞いた日にこれをわが身に結び、心を転じてエブスびとのこの町には食物もなく、あなたも共に苦しんだので、サムソンは彼女を信頼して恥をこうむりました。こうして二組の感謝する者は憂いを増すからである。山の頂で死んだ時に用いる律法はこれである。あざける者を戒める者は平和をきたらせる。富める者と貧しい者とに臨むからであるならば、それにその五分の一を加え、勇士の多いことを頼んだからでもないものをさして誓った。民を去らせることを行ってとがを負い、つるぎを、バビロンで七十年にアサはユダ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる