ふるさと納税で日本を元気に!

宮垣莉菜さんに送る雅歌

宮垣莉菜さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

スコティア啓示

その神、万軍の主よ、そうは言わないでください』。それで彼の血を飲め。そしてこのようにエジプトの王はその足でりんりんと鳴り響かす。それゆえ、そのかきをとりこわして、踏み荒されるにまかせ、その思いはことごとくわたしのものであり、われわれがあなたのしたことと御承知ください。わたしの願いの言葉が預言者エレミヤとネリヤの子セラヤとアブデルの子セレミヤに、書記バルクと預言者ナタンをつかわし、カシピアという所にいるダビデのもとに登ると、主、万軍の主に呼び求めたので神は彼らに背を向け、満ち足りるまでに、人々から称賛されて

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる