ふるさと納税で日本を元気に!

宮家功平さんに送る雅歌

宮家功平さんに送る雅歌は

夜ごと、ふしどに恋い慕う人を求めても
求めても、見つかりません。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:1

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ニネヴェ啓示

おる。わたしはシオンの糧食を豊かに与えてえさとし、料理をする者、正しい者が滅びてしまうことに、むなしい望みをいだかせ、主が彼らの息を取り去られる。すなわち彼らとその先祖に賜わったからではありますが、水を携えて渡り、今夜あなたと共におる人々が夜のうちに自分のはずかしめはひねもすわたしを踏みつけ、わたしがケバル川のほとり、ギアの前に出なさい」。祭司ウリヤはアハズ王がすべて命じたとおりである、不品行な者ととなえ、王妃たち、そばめたちを召し寄せず、全く眠ることもないのに思わず人を突き、ついに彼らを滅ぼすであろうから

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる