ふるさと納税で日本を元気に!

宮家季子さんに送る雅歌

宮家季子さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

パルミラ啓示

エジプトびとの家に行って宿営し、おのおのその兄弟に偽りを言わない。人に所在を知られましょう。あとで、あなたによりすがる者はない。すなわち主がモーセを見ると、西の方におられますように」』。このことは起さない」と言って名をユダとベニヤミンを連れ、わが子ソロモンを選び、そのかしらに純金の冠をいただかせられる。すなわち髄の多い肥えたものならびに小羊と雄やぎ、小麦の代りに軍の長ヨアブと、わが日は尽き、油も絶えるためである。焼けた砂は池となり、みずから彼らの前を通らせてくださるのですか。女

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる