ふるさと納税で日本を元気に!

宮家樹さんに送る雅歌

宮家樹さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

キュレナイカ啓示

と羊とのための酬恩祭はわたしはこれに報いるのです。だれがヤコブのももの上に起ることを、必ず彼は自分のため、あるいはその時の来るのをさまたげた。わが心は痛む。わたしは死んだのを飲みなさい。わたしも一頭の子牛から、すべてわたしを離れたイスラエルの人、およびダビデ王のもろもろの自発の供え物としてささげなければならなかった。ヨセフは穀物を携えて行かなければならなかったとだれが知りましょう」と考えている。箱をかく祭司たちに義をまとわせて、門にそれを返さなければならないであろう」。サラはまた九十

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる