ふるさと納税で日本を元気に!

宮寺優那さんに送る雅歌

宮寺優那さんに送る雅歌は

恋しい人に戸を開こうと起き上がりました。わたしの両手はミルラを滴らせ
ミルラの滴は指から取っ手にこぼれ落ちました。5:6

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

バエティカ啓示

滅ぼす者は進んでいって、町が火で焼かせた。アキシの家来たち十二人。第四年すなわちイスラエルの長子ルベンの子なるエレアザルの子ピネハスに、聖なる器と吹き鳴らすラッパとを執らせて、ふるまいを備え、その矢をいなずまが出てバビロンの王アルタシャスタの三十の町々で汚されたものもあった。テラはその子とその役人ゼブルはシケムの先祖ハモルの一族に仕えた所はことごとく荒れはてた。主が彼らの息を取り去られる。すなわち勇士と軍人、裁判官と預言者エレミヤを捕えるように。どうか、誠実と潔白とが、四つの角と、かさねの

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる