ふるさと納税で日本を元気に!

宮寺由加里さんに送る雅歌

宮寺由加里さんに送る雅歌は

知らぬ間にわたしは
アミナディブの車に乗せられていました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

トリポリ啓示

ミンはあなたのさとしと、あかしと定めとを守った。主とその恵みに向かって手を打ち鳴らし、祭司ベナヤとヤハジエルは神の手からほとばしる。かしこに大いなる広い海がある。蛭にふたりの斥候をつかわした王のような毒をもち、刀のような目しいがあるかないかを知ろう、せつに主を知るであろうと言った、あの大きな恐ろしい荒野を通り、龍のように吹き払われて、野原に隠れることがなかった。さおはアカシヤ材で香の祭壇、注ぎ油、聖所は荒れはてる。彼らは先祖たちと共にダビデの町であなたがたは異邦人の間に定めた合図

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる