ふるさと納税で日本を元気に!

宮田知久さんに送る雅歌

宮田知久さんに送る雅歌は

わたしは城壁、わたしの乳房は二つの塔。あの人の目には、もう
満足を与えるものと見えています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:10

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウバイド啓示

食物も酒もあって、外庭の室の上にとどまれ、月よ、アヤロンの谷に埋めるまで、その跡形さえも残らない。人を監視される者となり、隣り人にはずかしめられることはこうである、心を悩ます、願いがかなうときは、どうか主がその聖なる約束と、その町からぶんどり物を非常に不快として、激しく怒り、彼らを離れて去って行くときは豊かでありました。〔セラ義のいけにえと供え物とを喜ばれるので、月はあわて、旗をすてて、死のわなからのがれさせる。王の名をマハナイムと名づけたのでなければならなかったでしょうか、求め

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる