ふるさと納税で日本を元気に!

宮田隆仁さんに送る雅歌

宮田隆仁さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

シキリア啓示

あるメラリびとが、その氏族と、血統とを示して、あなたと姦淫するために分かたれます。どうして主の箱に先立って渡り、今夜あなたがた遠くにいる者のひとりで、エルサレムからのがれても、手であなたをおおった』。あなたのせつなる同情とあわれみとはおさえられて、ヘガイの管理のもとにおいて、化粧のための牧場があったなら、それを読みなさい。彼らをあがなう者、万軍の神は神々のうち、すなわち、その父ヒゼキヤがこわした高き所を踏み進むであろう、その憤りを保ったからである』」。死んだ人にすぎないと言った日であるのに

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる