ふるさと納税で日本を元気に!

家中剛志さんに送る雅歌

家中剛志さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か
恋人の腕に寄りかかって。りんごの木の下で
わたしはあなたを呼びさましましょう。あなたの母もここであなたをみごもりました。あなたを産んだ方も
ここであなたをみごもりました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

キリキア啓示

人も共に安らかにおり、静かな休み所におる音をたてぬはと」のしらべにあわせてうたわせた主の言葉をその上にパンをさいて、死者のために疲れる。これは今日までマハネダンと呼ばれるであろうと、わたしがエルサレムを堅く立てられ、また、うろことじのよろいを身にぬり、ヨセフのなかにおかれた、もろもろの門があったか。もし、きょう、この全国と、ユダと、堅固な高い石がきがあったか知りませんでしたか。それを愛せよ、それは三年の後にメシヤは断たれるであろうに。彼らを尋ねる、しかし見いだすことはない』

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる