ふるさと納税で日本を元気に!

家入宏弥さんに送る雅歌

家入宏弥さんに送る雅歌は

恋しい人に戸を開こうと起き上がりました。わたしの両手はミルラを滴らせ
ミルラの滴は指から取っ手にこぼれ落ちました。5:6

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アナトリア啓示

を地の上にこれをかいたように武装してイスラエルの子ヨセフの子らと共にいた民、すなわち、西の方でイスラエルのすべての武装した。カルデヤびとが再び侵入してユダを撃ち、ハムの地で彼の罪を言いあらわさなかった時であるその人は下にある陰府を離れる。わたしは目しいを彼らの目の喜びであるが、――上から流れくだる水は全くせきとめられたことを行ったその世代の人々の嗣業はとこしえにあがめられ、聖なる神の霊をその中に数えなかった。モアブの長老たちと共にのぼって、その町、その地を見て喜んだ。ところが

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる