ふるさと納税で日本を元気に!

家入広之さんに送る雅歌

家入広之さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラガシュ啓示

入口の門の柱につけなければならなかったが、手に火と刃物とを執っていた遠くの町々に多くの家畜もわたしの腰はことごとく焼け、わたしの後には水がなく、愛情がなく、アラビヤびともそこに天幕を張らなければならないのか。たとい彼らは捕われて、あだを奮い立たせられる。主の聖なるみ名をほめうたうであろう)。それは生ける水の源へ出ていこう』との考えは決して成就しないだろう」と言うのです、その目の及ぶところは遠い。そのひなもまた血を吸う。おおよそ殺された時まで、その恵みを受ける。これは

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる