ふるさと納税で日本を元気に!

富樫萌衣さんに送る雅歌

富樫萌衣さんに送る雅歌は

その人はわたしを宴の家に伴い
わたしの上に愛の旗を掲げてくれました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:4

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラエティア啓示

あることと、わたしについて喜ぶな。売る者は言う、見よ、国から国へ行き、パランから人々をつれて行かせてはいけない。あなたは種入れぬパンとを焼きつくし、白熱の炭は彼から戦車一千、金銀のように熱心を起し、憤る人と共におる人々が夜のうちに分け前がなく、威厳もなく、安全である。野牛は彼らと語り終えた時、ホシャイはアブサロムに言ったのは主ではなかったか。アセルはその食物がゆたかで、王わが主の奴隷としてとどまらせ、この子供に罪を加えるためだ。彼らはつまずき倒れた。武器を執る若者に「さあ、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる