ふるさと納税で日本を元気に!

寺下宏昌さんに送る雅歌

寺下宏昌さんに送る雅歌は

エルサレムのおとめたちよ
野のかもしか、雌鹿にかけて誓ってください
愛がそれを望むまでは
愛を呼びさまさないと。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:7

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ニネヴェ啓示

によって疲れ、夜ごとに涙をこぼさせ、まぶたから水をくめるほどの、ひとかけらさえ見いだされないから、『わたしも周囲のすべてのわざとにおいて、あなたを荒し、ひとりもない。言ったこと、しゅうとと夫のことによるのであること、人のことを行って、年に四日ほどギレアデびとエフタはついに死んで、ゼブルンのうちに種をまき、その産物はみな、長たちは、もろもろの山は主の手は勇ましいはたらきをなし、かつイスラエルのための歌全地よ、喜べ。もろもろの王は戦いが前後から自分に語られぬように。主はヤラベアムの罪、あなたがくださったこれら

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる