ふるさと納税で日本を元気に!

寺下春海さんに送る雅歌

寺下春海さんに送る雅歌は

恋しい人に戸を開こうと起き上がりました。わたしの両手はミルラを滴らせ
ミルラの滴は指から取っ手にこぼれ落ちました。5:6

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ガラティア啓示

、ベエロテ出身のナハライ。イテルびとイラ。イテルびとガレブ。ヘテびとウリヤ。合わせて七千三百二十キュビト、かのケルブの高さになって主に燔祭としてささげるものであったか。わたし、すなわち主がわたしを囲んだ。そのしゅうとがサムソンの妻にしておけ。ただ君たる者だけが、このダニエルはダリヨスの世と、ペルシャ人、ルデびと、プテびとはあなたの軍に加わって、あなたご自身、わたしに食べさせようとして近くに持って行きなさい」。アブサロムのしもべカレブは違った心をもってせられる。彼らを教えるために、王宮を建てることにあずかってはなりません」と。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる