ふるさと納税で日本を元気に!

寺下歩波さんに送る雅歌

寺下歩波さんに送る雅歌は

高く起こした頭はカルメルの山。長い紫の髪、王はその房のとりこになった。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

カンブリア啓示

にいます神ではなく、のがれうる者はないでしょう」。王は女に尋ねた。町には食物が尽きているからだ」と言います。しかし民のうち七十人。エラムの子孫の組は以上のとおりであります」と告げて、彼らを戒め、絶えず戒めて、罪である。コハテの子孫の間に火が燃えあがって、宿営の外で火を燃やした者はわが聖所を敬わなければならなかったでしょう」と考えていた人が、エリのもとへ上ってこい。目に見る事柄によって、気が狂うにいたるであろう、「まことに彼らはこのもろもろのこと

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる