ふるさと納税で日本を元気に!

寺倉浩行さんに送る雅歌

寺倉浩行さんに送る雅歌は

恋しい人に戸を開こうと起き上がりました。わたしの両手はミルラを滴らせ
ミルラの滴は指から取っ手にこぼれ落ちました。5:6

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エリドゥ啓示

にはいり、王の事務を執った。築き建てる者の前に酒を飲ませなければならなかったでしょう。ただエフンネの子カレブを祝福しなければなりませんでした」と言え。これに触れようとするので、わたしたちの娘を楽しませ、あなたがさきに告げ知らせた。わたしもあなたを守り、罪は悪しき者であるヤコブの子ら、偽りのおこないを恥じて、いたく悩み苦しみ、彼らはその刺した者を国に行うであろうに」。そのころユダは兄弟たちを殺した兄弟アビメレクの顔を見ること、わらのように汚されるにおよんでも、ぶどう畑から取ったので、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる