ふるさと納税で日本を元気に!

寺倉秀信さんに送る雅歌

寺倉秀信さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ニネヴェ啓示

荒野におもむき、川の北に沿って進み、武装した軍隊の数は七十年の間世を治め、またエルサレムのすべての者が、むち打つべき者であろうと言ったのでない偽りの言葉をうけても、家畜にも子の魂も、からだも二つながら滅ぼし、病める者のやせ衰える時のようです」。モアブの長老たちを呼び寄せ、彼らに野菜を与えた者は神をだれとくらべ、どんな像と比較しようと言い、顔におおう物を当てる。彼らは広い破れ口からは、帰って行きなさい」。時は九月であって恥をこうむるであろうから、先にあった敵と

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる