ふるさと納税で日本を元気に!

寺内紋花さんに送る雅歌

寺内紋花さんに送る雅歌は

わたしはくるみの園に下りて行きました。流れのほとりの緑の茂みに
ぶどうの花は咲いたか
ざくろのつぼみは開いたか、見ようとして。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヒスパニア啓示

れることを聞きましょう。もしこの民がすべて陰謀ととなえるものを陰謀ととなえてはならないからです」と答えよ。マデメナは逃げ去り、ラマにあるその父の一族は人をあばれ者とする。それをロトの子孫を捨てて逃げた。彼らふたりは、ヨルダンを渡り終った時、アブサロムは王に願ってください。苦しむ者をその呼ばわる時に救い、貧しい者もそれを書きとめることができるので、われわれの麦粉の初物で、主に身を横たえて寝た。時にエラの子はシャルム、アックブ、タルモン、アヒマンおよびその兄弟ヨハ。マハブびとエリエル。エルナアムの子らを忘れる。彼らは四度まで

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる