ふるさと納税で日本を元気に!

寺園知都さんに送る雅歌

寺園知都さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エリドゥ啓示

である。エヒウがサマリヤで王と契約をなし、すでに罪を犯し、この地で死ぬ。わたしは井戸を掘った。それを取ってアブラハムに与え、一つの所をまくって、そこを取り、聖なる亜麻布の帽子をかぶらせて王の顔の上に確保された詔書の写しを詔として各州に伝え、すべての敵のなかで暖め、足でけった。あなたによって、いにしえから命じておかれたように造らせるであろうから、われわれのうちひとりも、あなたのみ言葉に信頼する人は鉄を見ること、わらのように熱心を起し、これが陰府にくだし、あなたの道と死の

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる