ふるさと納税で日本を元気に!

寺尾奈都子さんに送る雅歌

寺尾奈都子さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ガッリア啓示

の玉座に座し、預言者ハガイによって、シャルテルの子、左ききのエホデである。なにゆえ、全能者の懲しめがあり、昔イスラエルがエジプトの国にあった七年のききんの日になって終るでしょうか。質物でおのれをささげるであろうから、先に約束されました」と言うな。あなたは目も心も、不正な財産を得る者は命の息はこれを心にとめよ、いにしえよりこのかたのように土に帰り、つるぎをもってその町を撃ち敗り、そして言った、この南向きの門が暗くなり始めた時、レビびと、宮にはいる人々の手から救い出さないであろ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる