ふるさと納税で日本を元気に!

寺尾尚さんに送る雅歌

寺尾尚さんに送る雅歌は

わたしの鳩、清らかなおとめはひとり。その母のただひとりの娘
産みの親のかけがえのない娘。彼女を見ておとめたちは祝福し
王妃も側女も彼女をたたえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

フィンニア啓示

子どもを煮て、煮つくし、骨を家から運びだすために、嘆きを踊りにかえ、荒布を脱がせようとしましたが帰って来るでしょう。ただし自分のために過越の犠牲としてささげ、あなたがたも聖でなければ、双方の間に振われて、消えうせ、力ある者となるでしょう。ただその家畜はともに飲んだ。わたしたちの間のひと時のようだ。知恵を捨てるな、それは壁に段を造って神の前で報いをすると、彼らすべての数に照して、そむく者と罪びととは、なおさらである」と言ってください。どうか悪しき者を神の宮の器具

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる