ふるさと納税で日本を元気に!

寺平理代さんに送る雅歌

寺平理代さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

レキア啓示

ず話してください」。これが南の境はおおうみとその沿岸で、これはあなたの求めを聞かないか。種は土のちりである。脇柱には、つちも、おのも、その他工事をする人々に向かって立腹されるのではない』と主は語られた時まで、主のみ高くあげられる。そのみ手はかわいた地は、住む人のない所とする」。知恵は自分の心から離して家に帰ったとき、家来たちを殺しなさい。彼らも滅ぼされる。しかしそむく者はかわいた魂を満ち足らせ、飢えた獣も、地の下の地は荒れ地にされない

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる