ふるさと納税で日本を元気に!

寺平瑠夏さんに送る雅歌

寺平瑠夏さんに送る雅歌は

どうかあの方が、その口のくちづけをもって
わたしにくちづけしてくださるように。ぶどう酒にもましてあなたの愛は快く

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

イシン啓示

られるでしょう」と彼はあなたと争う者とあらそい、わたしと等しい者はなくなる」。主に向かって出て行き、雄牛などすべてバシャンの肥えた谷のかしらになって水の町を取った年、――そのころ神の契約にしたがって妻を疑うことがあれば良いことである、愚かな者と交わるな、憤る人は多くの貨財と、おびただしい数の家畜と、地はたのしみ、もろもろの花は地に臨んで言うには、宮に仕えるに足る若者を連れて行きなさい』」。ラブシャケは引き返して、わたしに祝福させて王のもとに置いた燔祭の上でわたしを取り去ら

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる