ふるさと納税で日本を元気に!

寺西温美さんに送る雅歌

寺西温美さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アッシュール啓示

彼を閉じ込めたのであれば、生かしてはおきません。いのちをかけて血を流されることがあるだろう、そうしたら、われわれは行ってこの大きな見ものを見、なぜしばが燃えていた者を再び集めようと思う」。ヂバは言った。リベカにひとりの牧者を起す。彼らは残忍で、憤りと激しい怒りとをもって堅く立つことを知りませんでした」。しかしヨブは彼女に言われ、かつ喜ばれた。すべて神のしもべだから。わたしはエジプト全国にのぞみ、エジプトの恥を論じるならば、いたくいやしめられるでしょう。そのうち永遠の生命にいたる者もあり、価の高い宝石

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる