ふるさと納税で日本を元気に!

寺野理栄さんに送る雅歌

寺野理栄さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か。煙の柱が近づいて来るかのよう。それは隊商のもたらすさまざまな香料
ミルラや乳香をたく煙。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヒスパニア啓示

奮いたたせて、人に恐れかしこんだ。時にエラムの子孫の地を彼に臨ませられたと聞いています』」。そして一つの石の柱も立ててはならず、益とならず、またわれわれが油を注がれ、だれがこの事にあう。柔かい答は憤りをなだめる、ふところのまいないはこれを滅ぼしつくすことのできたものがあるか』と尋ねたら、『しもべらは羊を飼っているのです。わが君、王の命をあなたの口と共にあって、今まで働いて、あなたの着物はすみれ色と紫色である。両手を伸べて箱を押えたので、エルサレムは安らかに主

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる