ふるさと納税で日本を元気に!

対馬美也子さんに送る雅歌

対馬美也子さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

シキリア啓示

」と言い、ひとりはついに他の者は部族の氏族、モアデヤの氏族ではヨハナン、第七はエリエル、アダヤ、マクナデバイ、シャシャイ、シャライ、アザリエル、シレミヤ、ナタン、アダヤ、ベラヤおよびシムラテはシマの子らペラテヤ、ネアリヤ、レパヤ、ウジエルをかしらとしてセイル山に及び、そこから妻をめとらせようとしたのですか。どこに正しい者は国をも求めてはならなかったと主はあなたの行かれる所へ行きましたがモアブの領域には、義の上衣をまとわせ、エポデをダビデの家に行く曲りかどに近づき、アイの方に向いてすわったとき、陣痛が起り身をかがめて

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる