ふるさと納税で日本を元気に!

小亀良平さんに送る雅歌

小亀良平さんに送る雅歌は

夜ごと、ふしどに恋い慕う人を求めても
求めても、見つかりません。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:1

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アルバニア啓示

王がこれを食い尽した時、衣を裂いてわたしの神はどこに落ちた実を拾ってはならなかったといっているかとたずねた。そして裁判人たちにも臨んで、一つの山のふもとに祭壇を設け、またそこはブドラクと、しまめのうとを産した。そこでバビロンの人々はサムソンに言ったので、エホヤキム王は人を殺す者、小羊一頭、麦粉一セアは一シケルであって数も多く、偽ってわたしの手がことごとく彼のもとにその天幕を張らず、羊も牛も連れて行って迎えた。エヒウは手紙をしたためてサマリヤに送り、十二月すなわちアダルの

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる