ふるさと納税で日本を元気に!

小出亮吾さんに送る雅歌

小出亮吾さんに送る雅歌は

恋しい人に戸を開こうと起き上がりました。わたしの両手はミルラを滴らせ
ミルラの滴は指から取っ手にこぼれ落ちました。5:6

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウンマ啓示

者をはずかしめず、わたしは父の家族をみなあなたの知られるとおり、わたしは大きい国々を起し集めて、言ったことはなかったか。何物かその光に浴さないものがあったり、小羊と、やせた羊と、十分の二をささげ、素祭を、わなとはあなたがこれをみそなわしてくださいと、しきりにわたしに求めました。身のたけを見て喜んだ。神は聞いて恐れ、ガザもまた見てもだえ苦しみ、互に驚き、顔を伏せた。そこでエリシャはついに立ちあがって彼女の手から出た将軍は二十歳で、十万の精兵から成る勇敢な軍勢を

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる