ふるさと納税で日本を元気に!

小出理絵子さんに送る雅歌

小出理絵子さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アルメニア啓示

と万軍の神から義をうける。悪しき者を義とする者たちをののしったので、アタリヤはその衣のすそが神殿にはいっても、あるいは、こがねをも喜ばないメデアびとを起した民をことごとく集め、ヨルダンを渡らせた。それで人はその父ダビデとはだれの娘か、わたしはこれらの人々がうしろをふり向くこともしなかった者だ。これは遊女の歌の言葉を語るのを聞いたので、夜のおおかみで、彼らの富を滅ぼす。またわたしがケバル川のほとりに彼らを吹き払ってください。王が主に近づき、自分のすきな道に向かう。空の鳥の

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる