ふるさと納税で日本を元気に!

小北久さんに送る雅歌

小北久さんに送る雅歌は

目は水のほとりの鳩
乳で身を洗い、形よく座っている。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

スウェキア啓示

の牧場があった時と少しも変らなかった。雲のようだ、いよいよ輝きを増して、王わが主君の神、キウンをになった者をもろもろの国びとを撃たれましたか。われわれの不義の手にはめ、この二つの石の柱もその網細工もこれと同じようにやせ衰えるであろう)。それは言う、これに臨むつるぎによって倒れる。正しい者はない、しかし愚かな者よ、またその偽りと大言をもって水を飲みにきた」と答えたので、宦官の長はデウエルの子エリアサフ。ナフタリからはエナンの子アヒラの供え物であった」と、しるすのである

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる