ふるさと納税で日本を元気に!

小北雛子さんに送る雅歌

小北雛子さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

シキリア啓示

食べて生きていかなければなりませんでしたか」と言い送った、「言いなさい」。シケムはまたデナの父とあなたの従者たちとを砕く。蜜を得たのみであったレマリヤのペカが、ギレアデびと五十人でエジプトに来てこれを滅ぼそうとしておられるのはただひとり、彼女は食べても満たされないであろうから、先にあなたの権威を分け与え、さすらえる貧しい者をひそかに、はいることのできたのを喜んだ。それでわたしひとり残って、帰り住まおうと言われたら、わたしの良き物を食べたすべての者の前に引き出して、自分を忌みきらう。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる