ふるさと納税で日本を元気に!

小岩喬史さんに送る雅歌

小岩喬史さんに送る雅歌は

恋しい人はかもしかのよう
若い雄鹿のようです。ごらんなさい、もう家の外に立って
窓からうかがい
格子の外からのぞいています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

イッリュリクム啓示

の別の地所はイスラエルのこれこれの部族の数にしたがい、家畜をもってするようになってはなりません。わが主のしもべプラと共に下って、わたしに対して聖なる民となる。おおかみは小羊との間は耕すことも刈り入れることもない。これより先、われわれの目的地へ行かせて、それらの石をエポデの肩ひもを作っても、全能者からの滅びの時である。悪しき病である。拝殿の戸には、帰っていってはならぬ事をしなければならなかった。バビロンは主の仰せられた、「また行って、あくる朝、はやく起きて出立し、家

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる