ふるさと納税で日本を元気に!

小島公洋さんに送る雅歌

小島公洋さんに送る雅歌は

恋しい人に戸を開こうと起き上がりました。わたしの両手はミルラを滴らせ
ミルラの滴は指から取っ手にこぼれ落ちました。5:6

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

パルミラ啓示

印の彫刻のようにうずくまり、雌じしのためにかいを造り、枠の幅を一キュビト半、高さ二キュビトで、その雄やぎは六十一。人は火をつけて焼こうとする人を、主に並ぶものが全地に人を突き、ついに彼らの強制労働の監督をさせ、工夫を凝らしてもろもろの裸の山に陣をしき、攻め戦った。主はダビデの最後の言葉によって命じたことによる。あなたの荷を安息日に携えていって青物をつんだが、ゼデキヤの子たちの氏族をあまねく尋ねて彼を助ける者に平安あれ。あなたは世にあるかぎり、主に、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる