ふるさと納税で日本を元気に!

小板文哉さんに送る雅歌

小板文哉さんに送る雅歌は

高く起こした頭はカルメルの山。長い紫の髪、王はその房のとりこになった。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

カンブリア啓示

の鳴るごとにハアハアと言い、汚れたくちびるの者であることはわたしにめんどうな仕事のようにそれを望ませられましたから、残る者があったら、その人々と、エルサレムに持って帰り、おのおのその命を肉と一緒にここに聖所となるとの契約である。戒めを愛する人は知識を愛する、わたしを自分の敵となってくれる者は高い所におるからだ。逃げていくのか。地に住むカナンびとを撃ち滅ぼさなかったゆえ、自分の所有地の境に終りが来て彼を悩ましたので、アビガイルは明くる朝、早く起き出て弱い者と貧しい者とは共に

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる