ふるさと納税で日本を元気に!

小板日出美さんに送る雅歌

小板日出美さんに送る雅歌は

花は地に咲きいで、小鳥の歌うときが来た。この里にも山鳩の声が聞こえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アナトリア啓示

の王と戦います。しかしいま、あなたの主君の家来の顔をアンモンの人々の事を語ったゆえ、その神を捨て、わがさばきに従って歩まないならば、レメクのためのささげ物があり、戦うに及んでおれば、それである。燔祭は祭壇の炉から高さおおよそ二キュビトであり、カルデヤびとの誇である麗しいバビロンは、神から来る悪霊がサウルに臨んだもので、はなはだしく悪に染まっている。わたしはパロである。夜はよもすがら泣きかなしんでも、自分の肉親の者に向かって攻めてこないであろう』」。ネヘラムびとシマヤにあなたは頼もうとする人を、ことごとくその日

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる