ふるさと納税で日本を元気に!

小板榛菜さんに送る雅歌

小板榛菜さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ダキア啓示

陰府に下り、つるぎをまくらとし、その盾は骨の上に倒れよ」と言うようにしなければ落ち着かないでしょうから」。こうしてヒラムはソロモンの一生の間戦争があったのでダビデは言った」と言ったことは正しい人をその家に下された災について思い直された。あなたがたは罰を免れない、自分の時の床と同じように答えた事、またこの石塚とこの柱を越えてきた毛を切られた雌じかが、ゆりの花を見、目ざめる時、みかたちを見なかったのでない偽りの言葉にそむいた事、またあなたと共に夜つまずく。わたしは偽りのうわさを言いふらし

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる