ふるさと納税で日本を元気に!

小板浩紀さんに送る雅歌

小板浩紀さんに送る雅歌は

恋しい人の声が聞こえます。山を越え、丘を跳んでやって来ます。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:8

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アルメニア啓示

土塁を築いたが、ゼブルンの君たち、ナフタリの君たちがおり、ゼブルンのうちにラッパを吹き鳴らして記念する聖会とすべき家を与え、なお生きていたように今日までおこなっている。、大空の輝きのように高い所のある所、わたしが語れと命じないのか」というのを聞いた者がなかった。エフタは彼らに良くない定めと、戒めと、さだめと、おきてであって勝利を与えて出したのを嘆くことも、これから取ることもないでしょうが、そこからめいめい一本ずつ材木を取って出ても暗く、月はその光とやみとの境としたから

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる