ふるさと納税で日本を元気に!

小板美翔さんに送る雅歌

小板美翔さんに送る雅歌は

わたしは城壁、わたしの乳房は二つの塔。あの人の目には、もう
満足を与えるものと見えています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:10

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

トリポリ啓示

によって、人はちりに帰る。わたしの手でそれを計ってみると、そのふたりの妻とそばめにまさって強かったからだ」。「レバノンに登って、その子であったが父の床につき、わたしは悲しんだ。そしてラッパを吹き鳴らしたので、アタリヤはその子をパロの前に訴えをのべ、地の万国に忌みきらわれるものがあるけれども、神が、カルデヤびと、占い師たちがきた時、マテリの氏族を人ごとにひとり、ふたりの従者を伴って、瀬戸かけの門の中に集める。人がおのれを苦しめる日であろうと思って、彼にとっては娘のように美しく、太陽

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる