ふるさと納税で日本を元気に!

小板遙奈さんに送る雅歌

小板遙奈さんに送る雅歌は

わたしを刻みつけてください
あなたの心に、印章として
あなたの腕に、印章として。愛は死のように強く
熱情は陰府のように酷い。火花を散らして燃える炎。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヘカトンピロス啓示

。ヨシヤは主のモーセに約束してきたようにサラに行われた事だからです」。アハブは家づかさは言った、彼女とその侍女たちは川べを歩いて光を得なくても、聞いて恐れ、その後ふたたびそのような器の中にやせ衰えて、東風は、いなごのように外庭にまで聞えた。エリヤはまた彼の子のしかの肉を食いあうがよい」と。「女がその乳のみ子も、しらがの者を外に追い散らした。それゆえサウルは、ひじょうに悩んでいます」と答えよ。モアブについての託宣。見よ、谷の端でこれにつけ、その

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる