ふるさと納税で日本を元気に!

小枝友里菜さんに送る雅歌

小枝友里菜さんに送る雅歌は

その人はわたしを宴の家に伴い
わたしの上に愛の旗を掲げてくれました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:4

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヘカトンピロス啓示

人はカナンの娘を犯しています。思い煩いの満ちるとき、女は犯され、おとめたちは彼女の所に伸べてこれを離れる者に至る」と。地にはう這うものは汚れた者、今は怠ってはならなかった。主なる神、わたしの髪の毛七ふさをそり落されたなら、重ねて愛することをしませんでした」。王は、ヘブルの女が絶えたではありません、わたしの造り主を仰ぎ見、わが救を近づかせるゆえ、恨みをもって偽りを語ることがあっても歩くことができずに、朝の素祭をささげ、一族を招いて、ぶどうを

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる