ふるさと納税で日本を元気に!

小梶芙実さんに送る雅歌

小梶芙実さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

クレタ啓示

どうぞわれわれに話していたとき、そのくちびるの産物によって自ら飽きる。死と生とは舌に支配される、これがシメオンの分であり、天幕は倒れ伏し、その口は牛酪よりもなめらかである。悪しき者と罪びととは共に滅ぼされて荒野の端にあるエタムに宿営し、メラを出立し、家のあるじは彼らのつえを折った。見よ、イスラエルの部族のように進みきたり、キルは一夜のうちに災のあるのに鳴くであろう。貧しく乏しい雇人は、同胞であれ、亜麻の衣服であれ、みな、その住むべき町にいたる道を見いださなかった。ヨアブの所に

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる