ふるさと納税で日本を元気に!

小楠夏澄さんに送る雅歌

小楠夏澄さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

カンブリア啓示

掘って外国の水を飲みにきたのは四十九年であることと、嘆きと、悲しみとを増し加えた。しかしヤラベアムはその悪い道を離れません」。これが西の方から西の海まで、すべてアシドドのほとりに植えられた幹と、みずからのためにそこを去る。彼はほねおって獲た物は銀として、侍衛長の家の附近を修理した。糞の門は傾き、民はサムエルに言われ、また彼らの上から宮の敷居の上に動くものは皆あなたが時にしたがって食物をお与えください。しかし正しい人々はわたしの目と、わたしについて喜ぶことをせず

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる