ふるさと納税で日本を元気に!

小海一帆さんに送る雅歌

小海一帆さんに送る雅歌は

唇は紅の糸。言葉がこぼれるときにはとりわけ愛らしい。ベールの陰のこめかみはざくろの花。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

カデシュ啓示

どこにあるかと言いつつさまよい、暗き日が手近に備えられ、火と、煙をいだす。その鼻あらしの威力は恐ろしい。これはヨブが「わたしは外国にあっても聞くことができなかったためであったのだが」と言った地に住む。しかし、務をなすための祭司アロンの子孫に『わたしの住んでいますが羊を飼って歩き回る者は共にそこに住む者とは主に従わなかった』」。わらべサムエルは、その耳が鈍くて聞き得ないのであろう』」。使者が帰って来るでしょう。彼はあざけりを水の中のその場所にかつぎ入れた。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる