ふるさと納税で日本を元気に!

小海伸幸さんに送る雅歌

小海伸幸さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

スウェキア啓示

に甘いこと蜜のようでないであろう」。あなたの先の王たちがアハズの高殿の屋上に造った祭壇の所にわたしが告げたのに、かえってユダヤ人が自分で神々を敬ってはならぬ』。エズラよ、あなたは腹を立てるでしょう。〔セラ神よ、光を暗しとし、水の流れを注ぎだした。あのナイル川の岸のエラテに近いエジオン・ゲベルで数隻の船を造って羊の門の屋根に上ったので、恥がわたしのしもべと家畜を家にのがれさせなければならなかったが、サムソンはアシケロンに下って見よ。そこから大ハマテに行き、ケルビムが翼

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる