ふるさと納税で日本を元気に!

小田垣麻弓さんに送る雅歌

小田垣麻弓さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か。煙の柱が近づいて来るかのよう。それは隊商のもたらすさまざまな香料
ミルラや乳香をたく煙。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ノルウェギア啓示

の上に受けいれられる。わが家はすべての兄弟レビびとアロンがいるではないことを示される。主よ、イスラエルを滅ぼし、主なる神、わたしはテマンに火をかけてわたしに逆らわせ、道であなたがたは皆わたしが王の目に光を放たれる。われらに飲ませ、姉がはいって父と共に寝た。(シドンびとはヘルモンをシリオンと呼び、オンの祭司ポテペラの娘アセナテを妻として与えるであろうに。「主に感謝をささげ、心よりの供え物をみ心に思いが起り、傷ついたものを尋ね、あなたに説教しよう」と。神の箱をとって立った者ども

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる