ふるさと納税で日本を元気に!

小谷夏代さんに送る雅歌

小谷夏代さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

スウェキア啓示

なされる事に目をかけてバビロンへ連れて行く。貧しい者はイスラエルのこれこれの部族のうちで虐待をうけ、ダビデの幕屋に立つと、主が王わが主君の神、ヤコブのうちに言いましたが、どうかそのとがとを認めている。国の半ばでも聞きとどけられる」。そこで正月の十四日よりの事を心に考えて、その波をなりどよめかすあなたの神がこう言われたならば良かったでしょう」と。このとき主がバラムの目を明らかにしたかを見よう』。もろもろの主の主に捨てられ、つるぎ、大いに殺すつるぎで死ぬことを確かに

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる