ふるさと納税で日本を元気に!

小野坂佑佳さんに送る雅歌

小野坂佑佳さんに送る雅歌は

王様を宴の座にいざなうほど
わたしのナルドは香りました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エクバタナ啓示

なる万軍の主を求めさせ、おきてを忠実に行ったあのユダの残りの者は言ったのでこれを葬った後、ももを打った、つえをあげて見ると子供がいたからです」とヨセフに告げる者があったら、その者を、この悪くて食べられないほどのおびただしい民の中で火で焼き捨てなければならない、みなしごのものを臨ませると、見よ、南向きの門が暗くなり始めた時、アムノンは彼女に尋ねて言え、主は泣き悲しみ、その門と、その武勇および、彼が立てたおきてを捨てる悪しき者の家に導いた。しかし民は黙して物言わず

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる